インタビュー内容テキスト

今現在の人生はいかがですか?これまでどんな風に変わったと思いますか?将来についてはどうお考えですか?

そうね、人生が変わったというより、私自身が本当に変わったのよ。娘の死の扱い方に対しての怒り、娘のケースを立証し毅然として闘う決意、それは私がまだ娘の母親であるということなの。たとえ、娘が死んでも、私はまだあの娘の母親なのよ。法廷の過程で娘の死と人生をあんな風に軽く扱ってほしくはなかったの。 私が抱く怒りと娘のケースを立証するために闘うという決意、そして同じような境遇にいる人々のためにも闘い抜くという決断は、私を根本的に変えてしまったわ。表面的な人生が変わったのではなく、私そのものが変わったの。私はもう昔と同じ人間ではないのよ。だから私は困惑した時期を過ごしたのだと思う。以前のような人間ではない、何度も感じ、でも自分自身がどういう人間になるのかわからない。まるでもう一度子供に戻って違う角度から世界を理解しようとしているような感じよ。私は変わった、でも自分のことを考えないといけないし、自分のことは自分で気をつけないといけないわね。私は昔以上に繊細にもなってしまったから。とても強くなったと思えることもあるけれど、同時に以前にも増して不安定で傷つきやすいという側面もあるの。だから気をつけないとね、両方の面でね。
たくさんメディアにもでるようになったから。娘の事故のことだけでなく、他の家族の事故や現在起こっている問題に対して語ったり。でもそれは私のすべてではないのよ。見た目とは違って、とても傷つきやすい部分もあるのよ。

「語ってくれてありがとう!」と思ったらこちらをクリック →

あなたのひと言をどうぞ → ひと言