インタビュー内容テキスト

あなたと同じように家族を亡くした人がいたとしたら、あなたはどんなメッセージを送りますか?

そうですね、多分だれでも言うことでしょうが、“時間が救ってくれる”ということでしょうか。時が癒してくれるという意味ではないのです。忘れることはできないけれども、・・でも、時間が過ぎて行けば、すこしは耐えられるようになり、再び、ある種の通常の生活を送ることが始められるだろうということですね。
どんなことなのかは分かります。(家族を亡くした)貴方はただベッドに横たわっている、愛していた人のことだけが頭の中を駆けめぐっており、起きあがりたくもないし、眠る気にもならない、食べる意欲も飲む気も起こらない、まるで人生が終わってしまったように感じる。でも、私に言えることは、もう少しそのまま待っていて欲しい、必ず良くなることを保証するからとい言いますね。

「語ってくれてありがとう!」と思ったらこちらをクリック →

あなたのひと言をどうぞ → ひと言