インタビュー内容テキスト

事故現場を最後に見た後、私は娘のこと、またどのようにして、母親の死について説明しようか考えていました。その時、娘はステフの友達の家にいました。ステフの友達は玄関を開けたとき、ただただ涙をこらえていました。そして、娘を渡してくれました。私たちが今いる場所から道3本ほどの距離でしたが、娘を抱いて帰りました。私の姉とその恋人が私たちの前を歩いていました。家につくと、娘は困惑した表情をしていました。娘も何か悪いことが起こったと感じていたのでしょう。私はただ、彼女を座らせて言いました。「ごめんな。今日、横断歩道でバスがママに突っ込んだんだ。それで、ママは死んでしまった」と。5歳の娘はまだ全てを理解できなかったのでしょう。すぐに泣き始めましたが、母親を失った悲痛の涙ではなく、現実を信じることができない、困惑の涙でした。娘は、「公園で私がモンキー・バーで遊んでいる時、ママはもう見ることができないのね」と言っていました。
その時の私にできることと言えば、娘を抱きしめて、「パパが面倒を見てあげるからな」ということだけでした。何を言ったら良いか必死に考えていましたね。「何が起こったのかはっきりは分からないけど、ちゃんと面倒見てあげるからね。ママに起こったことは本当は起きちゃいけないことだったんだ」など。10分後、娘は友達と外に遊びに行っても良いか、と尋ねてきました。お母さんが本当に帰ってこないんだ、という実感は何週間後までなかったのでしょう。

「語ってくれてありがとう!」と思ったらこちらをクリック →

あなたのひと言をどうぞ → ひと言