インタビュー36

診断時:60歳
インタビュー時:76歳(2013年9月)
関東地方在住。夫と二人暮らし。これまで二度大腸がんと診断され、手術で切除した。検診は受けてこなかった。最初に診断されたのは60歳のときで、その3年ほど前から便秘や下痢などの便通異常があったが放っておいた。しかし、医療者である親類の強い勧めもあり、受診したところ、がんが見つかり内視鏡で手術を受けた。がん検診については、何もしないでも悪くならないがんまで見つけてしまうこともあり、必ず受けなければいけないとは思わない。

インタビュー29

診断時:55歳
インタビュー時:59歳(2013年1月)
首都圏在住。以前は公務員、現在は無職である。2008年7月に直腸がんと診断され、リンパ節への転移、多発性の肝転移もあった。便潜血検査は、職場の健康診断のオプションだったので特に付けることはなかった。発見のきっかけは排便時の出血で、すぐにかかりつけ医に行き総合病院を紹介された。それまでは、便通も普通で、下血もなかった。これまで7回手術を行い、抗がん剤治療を続けてきた。現在は、食生活に気を配りながらマイペースで暮らしている。

インタビュー23

インタビュー時:79歳(2012年11月)
関東地方在住。35年前にひどい下痢が続いた後、注腸検査をしたところすぐに入院となり大腸を30センチ切除した。家事や家業で忙しくしており、検診は受けたことはないし、あったかどうかもわからない。子どものころから便秘症であり、お腹の調子には悩まされてきた。医師からは一度も「がん」と診断されたことはないが、それは医師の気遣いであり、自分ではがんだったと確信している。

インタビュー13

診断時:71歳
インタビュー時:72歳(2012年4月)
東北地方在住。自営業を営んできて、これまできちんと健康診断を受けたことはない。がん検診も受けておらず、2011年に高血圧が心配で病院で血圧を測ってもらったついでに受けた血液検査で貧血がわかった。体内からの出血が疑われたため、便潜血検査をしたところ陽性となり、大腸内視鏡検査を受けてS字結腸のがんがわかった。開腹手術の後抗がん剤治療に入ったが、肝炎になったため中止し、現在に快復して落ち着いた生活を送っている。

インタビュー04

診断時:74歳
インタビュー時:77歳(2011年11月)
首都圏在住。以前は会社の健康診断を受けており、便潜血検査(検便)で異常が指摘されたことはなかった。リタイアしてから地域の健診の案内が来ていたが、受けたことはない。けれども、突然の腹痛から入院、大腸がんだとわかって手術をした。1か月半にわたる入院生活は長く感じられ、また病院で受けた腸の中を見る検査はとても辛い経験だった。今は特に症状はなく、40日に一度病院で血液やX線の検査を受け、食生活に気をつけて生活している。