インタビュー28

診断時:59歳
インタビュー時:66歳(2012年12月)
東海地方在住。妻と二人暮らし。36歳のときに胃がんと診断され、手術を受けた。59歳のとき下血があり、痔だろうと思ってしばらく放っておいたが、やはり気になるので人間ドックを受診したところ入院となり、検査の結果、腸にがんが見つかる。胃がんの手術後は苦しんだが、大腸がんの手術はとても楽で術後の痛みもなかった。その後は病院で定期的に検査をしてもらい、また自分でも普段から体調の変化には注意している。

インタビュー26

診断時:71歳
インタビュー時:78歳(2012年12月)
首都圏在住。便が細くなっていることが気にかかり、市が行っている便潜血検査を受けたところ、陽性だったため、内視鏡検査を受けることに。検査では大きなポリープが見つかり、病理検査の結果、初期のがんであることが分かった。開腹手術を受けたが、その後の経過は順調で、大きな病気をすることなく現在まで暮らしている。便潜血検査を受けたのはこのときが初めてだったが、術後は2~3年おきに検査している。

インタビュー22

診断時:62歳
インタビュー時:63歳(2012年11月)
関西地方在住。会社勤務を経て喫茶店経営をしていたが、大腸がんに罹ったのを機に辞めた。肛門からの出血で大腸がんを疑い、インターネットの検診を申し込んだ。潜血反応が出ており、医師の診察を要すると書いてあったので、すぐに近所のかかりつけ医に行き、総合病院を紹介してもらった。内視鏡検査を受けてポリープを切除、後日がんだとわかって手術を受けた。再発や転移はなく、現在は食事や運動など日常の生活に気を配りながら、元気に過ごしている。