インタビュー内容テキスト

―― 今はいろいろご病気についてもご自身の経験もあって、ご存知だと思うんだけれども、それ以前は、あまりその、まあ、大腸がんも含めてがんについての知識とか、そういうことはあまりなかったっていう。

いや、ほとんど、ほとんどないです、ええ。たまに、あのー、ぼーっとテレビ見ているときに、入るのを、たまにぼーっと見ているくらいで、それを真剣にね、どうのこうのっていうのは、要するに頭に中に入っていないですよね、ええ。…だから、がんになって、要するに、どうなのっていうのは、まあ、はっきり言えば、がんになれば、要するに、死というのが、…すぐ…ありましたんで、うん。だから、それぐらいなもんでね。で、それが、今は、自分がこうなったことによって、手術したら、要するに何ともね(ない)、っていうのは、もう、あのー、自分が経験して初めて分かったっていうかね、ええ。その前までは、もう全然、がんになりゃ死ぬんだなっていうくらいしかなかったですね、ええ。

「語ってくれてありがとう!」と思ったらこちらをクリック →

あなたのひと言をどうぞ → ひと言