インタビュー内容テキスト

精密検査として行われる内視鏡検査は腸の中にある病変をカメラを通して確認し、組織の一部を採取することにより、高い精度で病気の診断をすることができますが、検査前の下剤の服用など患者の負担が重く穿孔のリスクもあります。また、専用の設備も必要となりますから、検診の目的で、健康な人全員に内視鏡検査をすることは適当ではありません。そこで、事前に内視鏡検査を受けたほうがいい人を選ぶこと(これをスクリーニングといいます)が必要となります。そのために行われるのが便潜血検査です。便潜血検査では便中のヘモグロビンの量が多いと陽性、少ないと陰性の結果が出て、陽性だと内視鏡検査を受けることが勧められます。便潜血検査の正確さや方法の適切さは実際のところどうなのでしょうか。

「語ってくれてありがとう!」と思ったらこちらをクリック →

あなたのひと言をどうぞ → ひと言