インタビュー内容テキスト

―― あの、潜血検査で血が出たのは、そのポリープの先端のがんから血が出たんですか。

いえ、そう、そうじゃないんですね。そう、そうじゃなくて、たぶん、たぶんというか、あの、もともと痔、痔があって、あの、便秘気味だったので、たぶんその潜血検査の、あの、血っていうのは、あの、そういう痔、痔から出た、だったと思うんですね。で、あの、上行結腸の場合は、まだ便になってないんですね。あの、小腸から送られてきて、まだ液体の状態なんですね。だから、あと、まあ、がんがすごく初期だったので、がんから出血してるってこともなかったんですけど、上行結腸の場合は、すごく潜血検査には出にくい、あの、所ですね。で、本当にたまたま、ラッキーだったとしか言いようがないですね。
例えば、普通、あの、よく言われる大腸がんの症状っていうのは直腸がんかS状結腸の症状なんですね。例えば便が細くなったりとか、下痢とか便秘を繰り返すとか、それは、たぶん直腸とかS状結腸で相当のパーセント行くと思うんですけれども、その症状なんですよ。で、私がなった、あの、上行結腸というのは、たぶん大腸がんの10パーセントぐらいの、本当に少ないわけですね。で、さっきもお話ししたように、便がまだ、あの、液状の状態なので、よっぽど大きくならないと詰まらないわけで。だから、便に、で、出血してても、例えば途中で、腸の中で吸収されたりして潜血検査に出てこない。だから、そういうことはあんまりどこの情報にもあまり書いてないし。で、しっかり大きなうんちは出てたわけですよね。だから、あの、直腸がんとか、あの、S状結腸のがんでは、あの、自分では思い当たらないから、あんまりそういう気にしてなかったんですね。だから、結構、あの、たまに上行結腸がんで亡くなった方とか有名人の方とかいるんですけれども、やっぱりすごく発見が難しい。だから、ま、私はすごくラッキーだったなと思ってます。

「語ってくれてありがとう!」と思ったらこちらをクリック →

あなたのひと言をどうぞ → ひと言