インタビュー内容テキスト

―― そうするとその、会社で行われている検査は、基本的に毎年受けられて。

基本的には毎年受けていました。

―― その中に、あのー、検便も。

検便が入っていた。

―― それは、もう、あ、そうですか。それは、毎年、ちゃんと受けられていた。

はい、はい。

―― それで、何か、あのー、えーと、陽性反応が出たとかっていうことは、1回だけだったんですか。

いや、(笑)多分、2、3回はあったと思います。ただあの、例えばあの、陽性になったり、また、あの、出なかったりする場合が、…あったように記憶しているんですよ。毎回、3年続けてあったっていうのはあんまり、記憶にないんですが。翌年、その、……あの、陽性になら、ならなかったっていうこともありましたしね。…ま、こんなもんかというふうな、程度に思っておったんですね、わたし自身。……。

―― ま、多分、おそらくなんですけれども、そのー、検査を受けられて、陽性反応が出ると、精密検査を受けてくださいというアナウンスがあると思うんですけれども。

はい、あります。

―― それは、あのー、受けないで、ま、次の年もちょっと様子をみてみようかと、いうような。

はい、そうですね、はい。

―― あ、そうですか。あの、ちなみにそのときは、あの、検便の検査が、大腸がんの検査だということはご存知でしたか。

知りません。

―― そうですか。

ええ。

―― じゃ、何の検査かよく分かんないんだけども、まあ、とりあえず項目に入っているから受けておこうと。

あのー、よく子どものころに、あの、マッチ箱に入れてうんち持って行った記憶があるんですが、あのー、回虫、虫がいるとかいないとかの、そんな程度かなと思っていたんです(笑)。……。

「語ってくれてありがとう!」と思ったらこちらをクリック →

あなたのひと言をどうぞ → ひと言