インタビュー内容テキスト

何かやっぱり大腸がんは、やっぱり、その知り合いがなっていないっていうことと、やっぱり、その検便系っていうのに心理的抵抗が、今言われて気がつきましたけども。ないわけではないのかもしれませんねえ。

―― 検便系の、こう、イメージっていうのは、どういう感じですか。

(笑)。

―― やっぱり、こう、すくうという。

何か器に。

―― ええ。

入れる的な。

―― ああ。

小学生の頃のような。ただ、あの、その、同居している…夫みたいなのは、あの、検診受けてて、よく検診の前の日に、あの、トイレに置いてあるんですよね。あの、何か翌日やらなきゃいけないものが。それがま、「検、検便なの」とかって聞くと、何か「今のは、検便って言っても、そんなに便を全部持っていくんじゃなくて、ちょっとだけなんだよ」とかっていうのは、聞いたんですけども。

―― それをご覧になって。

ええ。

―― じゃ、わたしもっていうところまでは。

全然思いませんでしたね。

「語ってくれてありがとう!」と思ったらこちらをクリック →

あなたのひと言をどうぞ → ひと言