インタビュー内容テキスト

―― そうですね、結果を知らせてくるわけですけれども。

はい、はい。

―― それは、どういった、あのー、…何というか、お知らせの仕方を。

お知らせは、もう封書。ですね、封書で腸だけじゃなくて全て。あの、血液検査とか、あとは、エコーとかも入るので、そういったものも含めて全部になりますので、何かこうとりたててこう…何か重たい感じもなく、あの、ほんとにプラスかマイナスか。マイナス、ああ、大丈夫ぐらいの…感じなので。……そうですね、もしかしたら、その例えば、乳がんの検査、あのー、マンモグラフィーとかエコーとか、あとは子宮とかの検査に比べると、何か、…もともと、その便を採ること自体に、がんっていう結びつきがあんまり、わたしの中ではなかったので、……その受け取るときも、そんなに重くは感じなかったですね。ただ、例えば、腸に何か、腸っていうか、便通の問題があってとかで、受けられる方とかは、もしかしたら、……深刻かもしれないんですけれども。わたしは、ほんとに、…セットで受ける感じだったので、特にその腸が気になってっていうことはなかったので。…はい。

―― 今、ま、先ほどもおっしゃっていただいたんですけども、その大腸がんとその検便っていうのが、何か、こうちょっと離れているっていうか。

はい。

―― あまり、そのためにやっているんだっていう感じがしない。

なかったですね。

―― ええ、じゃ、何のためだと思った?

そうなんですよね。何のためかっ…て…いうと、ま、尿検査もそうなんだけど、まずその、せん、潜血ってよく耳にするじゃないですか。なので、ま、その血が入っていたらよくないんだろうなとかっていう、そういう意識はあったんですけれども。それが、イコール…その腸の疾患……ま、腸の疾患、特にがんっていうことに関しては、…意識がなかったですね。

―― なるほどね。潜血反応というものが出るかもしれないし、それはおそらく、ま、よくないことなんだけれども。

はい。

―― だから、がんっていう。

感じは、なかったですね。

―― その間にもうちょっと何か…クッションがありそうな感じ。

そうですね、そうですねえ……。

「語ってくれてありがとう!」と思ったらこちらをクリック →

あなたのひと言をどうぞ → ひと言