インタビュー内容テキスト

―― ご病気がわかったきっかけは、どういうことだったんでしょうか。

きっかけは、面白いことなんですけども、健診は、毎年受けていたんですけども、潜血検査で、数値が最大値をずうっと示していたんですね。

―― ああ、それは、…現役のときではなくて、退職されてから……その前。

その前のはちょっと記憶ないんですけども、はっきり言って、潜血のところは気にしてなくて、現役の50歳ぐらいもうちょっと前あたりから、血糖値が高いということで、コレステロールが高いということで、そっちばっかり気にして、潜血というのは、大腸がんというのは、全然、わたしは気にしていなかったんですね。
今から6年前に退職したんですけども、そのあとに、えー、腸の健診を引き続き受けて、それで、メタボみたいな状態なんで、そのチェックは受けて、その段階で健診の結果、やっぱり潜血が800(ng/mI)、数値的に800(ng/mI)以上ということで、(陽性を意味する)プラス三つついていたんですけども、それ全然、わたしは、何を意味しているか分からなかったんです、はっきり言って。ですから、あそこは、痛くもかゆくもないし、体調も悪くないんで、全然無視していたんですね。……で、まあ、毎年行っていて、そこをチェックしてもらえば、内視鏡で検査したかもしれないんですけども。そういうアドバイスが、どっからも出てこなくて、わたし自身もその辺は全然無知で…ずっときていたんで。
プラスがいっぱいあれば、マイナスいっぱいあるとおっかないんですけど、プラスなんかは、いいほうじゃないか、三つが最大っていうのは、800(ng/mI)、数値が800(ng/mI)以上ってね、なっていたんで、えー、これ以上なのかって、まあ、あとで。先生にその診断書を持って行ったときも、別に気にしないで持って行ったわけですから、あとで、み、見ると、ああ、大変だったのかなあと思いましたけどもね。

―― じゃ、プラスかマイナスかっていう、そのイメージもプラスのほうが、まあ、普通はいいですもんね。

全然無視ですね。

「語ってくれてありがとう!」と思ったらこちらをクリック →

あなたのひと言をどうぞ → ひと言