インタビュー内容テキスト

退職して今までの団体保険をやめたんですね。団体保険、がん保険その他の保険いろいろ入っていて、それを絶対わたしはがんなんて、あるいは一般の病気も、全然縁のない、お医者さんには全然縁がなかったですので、退職して、うーんと、2年以上たってから、ま、とにかく、一般の保険に入ろうと思って申し込んだときに、「診断書をもらってくれ」と言われたんですね。で、しょうがなくって、その診断書をもらいに行って、その検診表を先生に、町医院の先生に見ていただいたときに、「何でもっと早く来ない」と言われたんですね。でも、わたしはそんな知識がなかったんで、痛くもかゆくもないし、無視していたわけですから、そうしたら、その先生は、あのー、「わたしはこれに関して責任は持てない」と……と言うんですね。でー、「内視鏡をじゃ見よう」ということではかったら、先生が、「やっぱり」ということ、言葉を、発したみたいなんですね。そしたら、わたしは、あ、何かあるな…と思って、…ま、ちょっと余計なことを話しをするかもしれませんけど、そのときに、新しい仕事で、東京に3時の汽車で行くと、行く予定になっていて、宿も全部決まったんですけども、その前に、お昼に、その日のお昼に先生に結果を聞きに行ったところ、大きいのが、あのー、…パソコンの、ま、写真といいますか、取りこみに、もうみっともない自分のがんのところが、ぼてっと載っていたんですね。それで、それを見て、これが、わたしのやつかなあと、ドキッとしましたけども。それで、初めて分かったんですね。……はい。

「語ってくれてありがとう!」と思ったらこちらをクリック →

あなたのひと言をどうぞ → ひと言