インタビュー内容テキスト

―― はい、と、えーと、大腸がん検診ってどういうことをやるかご存知ですか。

知らなかったんです。実は(笑)。

―― ああ、検便も、じゃ、ずっと、その0次*でやっていなかった。

うん、やっていなかった、そうです、はい、検便とったの…多分学生以来とっていないと思います。

―― すると、もう、えーと、ま、学校出られて、1回就職とかされています?

あ、でも、あのー、身体検査はなくて、はい、受けてないです。受けよう受けようと思いながら、ドックの勧めもあったんですけども、なかなかその仕事のほう都合がつかなくて。何か、先送り先送りにしてると、はい、結局受けずじまいですんでしまってました。はい。

―― それは、あのー、普通の会社の社員として。

あ、ではなく、あの、プライベートで受けようと思ってね、人間ドックだとかそういうので受けようと思っていたんですけれども、はい。

―― あの、ということは、会社で健康診断とかなかった。

あ、そうですね、あのー、自営業をしていたので、わたし、はい、あのー、……なかなか、はい。

―― ということは、えーと、社会保険ではなく。

ではなく、国民保険、ずっと。

*0次健診とは地域のNPO法人と大学が共同で実施している健診で特定健診を兼ねている。市民の健診データを大学の研究のため継続的に提供するもので、無料で受けられる。

「語ってくれてありがとう!」と思ったらこちらをクリック →

あなたのひと言をどうぞ → ひと言