インタビュー内容テキスト

はい、えーと、20代後半に結婚しましたので、その仕事についているときで、まだ出産をしていないときは、あのー、健診を受けることができましたね、職場で。ですけれども、30代に入ってから間もなく、あの、出産をして、ま、仕事、職場からは遠ざかって、まあ、あのー、主婦になって子育てをしているときは、健診はほぼ受けられなかったです。ていうのは、あのー、次々生まれて4人子どもを生まれましたので、で、あのー、ま、やんちゃな男の子でしたので、それを預けて自分が健診に行くっていうことは、とても不可能でした。
それで、また、子どもたちが大きくなって、あのー、40代50代に入ってからは、えー、また職場に、あのー、復帰しましたので、そこでは、職場の健診を受けることができました、はい。……。
そうです、何でもないんですけど、だから、子どもたちはいい時代に結婚したってね、思って、ほんとにほっとしたんですけども。わたしたちのときは、あの、そうではなかったので、ま、在日の二世なんですけど、わたしは。一世二世の時代はそうではなかったので、やっぱり、公共の場で名前を呼ばれるっていうことにものすごい恐怖感があったんです。いじめにもあったり罵倒もされたり、いろんなことがおきたのでね、うん。だから、名前を隠している人がたくさんいたじゃないですか。

―― そうですよね。ま、じゃ、それが、もう、例えば、その病院の場でもそうだったっていうことですね。

そうなんですよ。で、人権侵害ですからね。やっぱり、その、自分っていうものを、あの、チャレンジしようにもありのまま生きていないと、喜んでチャレンジなんてできないんですよね。だから、その子ども育てているときに大変だったっていうのはそういう問題もあって、あの、病院に行ったりとか誰かにね、親しく預けたりとか、迷惑かけちゃいけないとか、何言われるだろうかとか、そういうね、緊張感がものすごくあって生きてきたんですよ。だから、すごく自分は頑張ってこの子育てしなきゃいけないと思っていた。

「語ってくれてありがとう!」と思ったらこちらをクリック →

あなたのひと言をどうぞ → ひと言