インタビュー内容テキスト

―― ご自身が、あの、さ、先ほど、えーと、ご家族の方でも、ちょっとがんになってらっしゃる方、いらっしゃるっていうことですけども。自分もなるんじゃないかっていう気持ちは、でもどこかにある。

いや、まあ、わたしの場合、もう逆にならないんじゃないかっていう自分、気がしますよね。ていうのは、同じその免疫システムの異常が、あの、兄と父の場合は、要するにがんという格好になったんですけれども、わたしの場合は、逆に、その、多発性硬化症の、要するに、その自己免疫反応なっちゃったんだっていう可能性がありますからね。

―― じゃ、もうならないんじゃないか。

いや、だから、なったらなったで、もし、その、例えば、た、あの、その、リンパ肉腫になった場合ですね。要するにた、助かる確率、非常に低いですからね。
あの、やっぱり、もう今さら検診受けてもしょうがないなっていう感じが、どうしてもしてしまいますからね。血液と、あ、他の、あの、値は、ずっと正常なんで、あとはがんだけ、心配すればがんだけなんですけども。がんは、その、要するになるとすれば、あの、リンパ肉腫だろうから、これはもうしようがねえやっていう感じですよね。

「語ってくれてありがとう!」と思ったらこちらをクリック →

あなたのひと言をどうぞ → ひと言