インタビュー内容テキスト

病気というのは、まったく経験したことのないことから、病気になりますから。病気の体験とかないんで、えー、全然、その、自覚症状がない、そういう時にですね、健診を受けて、まぁ、データ、数値が、ちょっと正常値よりも違ってるとかね。症状が出る前にわかる。それで、早期に発見できれば、私のように、日常生活、全然、不自由なくですね、あのー、完治できるというね、ことが、やっぱり、メリットだと思いますけども。はい。

―― やっぱり、こう、ご自身が、その、定期健診で、あの、がんを早期に発見することができたっていうことで、こう、周りの人に、あの、健診、受けたほうがいいよとか、そういうことを勧めたりとかっていうことはございますか?

ええ。それは勧めてますね。で、一番、良かったのはですね、私の父が、あのー、医者、嫌いだったんですけど、僕が大腸がんになったっていうことを言いましてですね。で、父も、私がなってから、5年目ぐらいにですね、あの、便の出方がちょっとおかしいと、そういうことを言ってましたんで、それは、一度、診察を受けてみるべきだということで勧めましてですね。で、調べた結果ですね、僕より大きいがんが見つかったんですよ。

―― …なるほど。

それで、あの、父も、あのー、もう、開腹手術するか、内視鏡手術するかというギリギリのところだったんですけども、うまくですね、内視鏡で取り除くことができてですね。ええ、助かったという事実はあります。はい。

「語ってくれてありがとう!」と思ったらこちらをクリック →

あなたのひと言をどうぞ → ひと言