インタビュー内容テキスト

―― その会社時代に、えーと、最初は、検便はやってらっしゃいました?

最初検便はしていないですよ、いきなり大腸ファイバー。

―― で、やって。

やって。

―― それまでも、健診の中では、検便は。

検便はしていましたよ。ええ。

―― あ、……それで。

そのときの検便って、何のための検便か、気もないから(笑)。……。

―― じゃ、もう、ずっと、じゃ、健康診断の中に検便は入っていた。

そう、そう、入っていた。ええ。

―― それとは別に内視鏡検査を。

検査を。

―― しませんかっていうな。

そう、そう、そう。

―― じゃ、全く症状がない人とか、その検便でプラスになってない人でも。

もう、そう、そう、そう。

―― それを受けたらどうですかっていうがあったわけですか。

どういうこと、ええ、確かね、45歳以上の人だったと思うんですよ。で、会社の同僚も誘ってね。「お前も行け」と「いやや、いいや」って言うた人もおりましたけどね(笑)。……で、自分がやってからは、まあ、そういうので見つかって問題なかったよなんかから、自分の、まあ、会社でね、えー、ま、今で言うたら部下になるんですか。あのー、「お前も、受けろ、受けろ」って(笑)。

―― 大体、おいくらぐらいでしたか。

あのとき、いくらだったかな。そんなたいした金じゃなかったと思いますよ。3000円ほどやったと思う。だから、さらに会社が何か負担していたと思いますよ。ええ。

「語ってくれてありがとう!」と思ったらこちらをクリック →

あなたのひと言をどうぞ → ひと言