インタビュー内容テキスト

―― じゃあ、あの、先ほど、手術をした時に、まあ、先進医療(※)と従来の方法について、あの、説明を受けたというお話だったんですが、ちょっとそこのところ、もう一回、お聞かせ願えますか。

はい。あの、従来の方法というのは、えーっと、ポリープを分割して、切除する方法なんですけど。まあ、保険がきくので入院費込みで6~7万円ぐらいってことと。あとは、あの…まあ、腸に穴が開く可能性っていうのは、えっと、先進医療よりは低いんですが、ただ、分割して取ると、どうしても取り残す、あの、確率が、先進医療よりは高くって。で、取り残した部分に、あの、もし、えーっと、がん細胞があっても確定診断ができない。それは、従来の方法は確定診断ができないってことですね。で、先進医療のほうは、あの、まあ、えーっと、一括切除できるので、確定診断ができるということと。あと、ただ、あの、腸に穴が開く可能性は、従来の方法より高くなるんですけれども、まあ、開いたとしても、えー、従来の方法よりは、あの、えーっと、穴の大きさが小さい。で、しかも、もし開いた場合でも、内視鏡的に、穴を修復できるっていうことを言われてました。
えっと、その、手術を始める、始めてから、あの、急に、先進医療ができると言われて、どうするか。で、あの、一瞬、どちらにしようか、すぐに返事しなくちゃいけなくて迷ったんですけれど。まあ、事前に調べたことで、えっと、先進医療のほうは、まあ、従来の方法に比べると、えっと、一括切除できるので、一括切除できるから、あの、がんであるかどうかの確定診断ができるということと。万が一、穴の開く確率は、先進医療のほうが高いんですけれども、開いたとしても、従来の方法よりは小さくて、しかも、内視鏡的に、えっと、対応できるということで、まあ、それが決め手で、あの、先進医療を選ぶことになりました。

※ここでいう先進医療とは、保険適用になっていない先進的な医療技術を扱う施設が、厚生労働大臣に申請・承認を受け、通常の保険診療と併用できるようにした、特定の医療技術のことをさしています。この場合、検査や診察、投薬や入院費用などの通常の治療と共通する部分については、健康保険が適用されますが、先進医療にかかる分(技術料)は全額自己負担となります。

「語ってくれてありがとう!」と思ったらこちらをクリック →

あなたのひと言をどうぞ → ひと言