インタビュー内容テキスト

―― それは、あのー、麻酔とかかけますか、ではなくて。麻酔なしでも。

麻酔、だって、ない、大腸内視鏡検査、麻酔しないでしょう。

―― あの、する病院もあります。

いや、しないです、僕は、1ぺんもしたことない。

―― 麻酔なしでした。

はあ。でも、最初だけなんですよ、あのー、内視鏡入れるときだけ、ちょっと、あのー、気まずい気分なのは。あと、入れちゃえば、先生によってですね、上手な先生と、やっぱし、まだ、先生、そのー、内視鏡、大腸肛門科になりたての、まあ、僕、大学病院ですから、研修医さんたまに当たるんですよ。そうすると痛いですね。あの、小腸まで入れるんですけどね、まあ、曲がり角、曲がり角で、痛いです。ベテラン先生だと、なんども痛くないです。まあ、幸い、その研修医さんみたいな、まだ経験の浅い人にやってもらったのが、そんなに数はないんです。1回か2回ぐらい。……大体、経験豊富な先生に診てもらってて、そんなに苦しみはないですね、僕はね。だから、それやって、まあ、あんな、ま、「多分、ポリープあるだろうな」って言って、ポリープ1個2個取っても、まあ、生活は別に何も…支障がないですからね、その場でポリープ取って。入院するわけでないし。取ってから30分、1時間は、食べ物は摂らないけども、あとは何食べてもいいし。だから、内視鏡検査したほうがずうっと楽です、精神的に……。

「語ってくれてありがとう!」と思ったらこちらをクリック →

あなたのひと言をどうぞ → ひと言