インタビュー内容テキスト

―― 内視鏡の検査の結果は、ま、よかったっていうことになんですけど。その通知のされ方ってどういう感じでしたか。その場所……。

えーと、どうだっけ、えーとですね。もう、その場で、だったですね、あのー、まあ、えーと、術着に、術着っていうか検査着に着替えて横になって、あのー、カメラを入れて出して、で、そのあと、また待合室に呼ばれて、見た感じ大丈夫でしたよっていうのは、その日の、その検査のあとに、その検査をした当の先生から言われるっていうかたちでした。

―― じゃ、もうその自分で見た感じと先生がおっしゃたこと、まあ、両方、で、あ、じゃあ、大丈夫だったっていうことで、ま、そこで終わったということですか。

はい。

―― なるほど、はい、よかったですね。

はい、ありがとうございます。まあ、痔だったっていうのがどうしょうかなと思ったんですけど。治療しにいく程度じゃないだろうと、あのー、勝手に判断して。ま、そこはあのー、肛門科ではなかったので。

「語ってくれてありがとう!」と思ったらこちらをクリック →

あなたのひと言をどうぞ → ひと言