インタビュー内容テキスト

で、結果は、あの、検査の最中に、あの「あ、ポリープがあるよ」って言われました。はい。で、かなりおっきいから、まあ、今日このまま取ることもできないので、あとは、やっぱりその、うん、「便が少し残ってて、あの、中の様子がよく見えないから、このままポリープ取るのは危険があるから、また後日決めましょう」っていうことで、ポリープがあることだけ言われました。で、うん、だいたいその時は2センチぐらいって言われましたけれど。
で、1週間ぐらいしてから、あの、検査の先生とは別の、あの、最初に受診した先生の話を受けて、まあここでも、あの…えーっと…一括、あの…うーん……ポリープは、の、取り方も説明も受けたんですけれど。あの、一応、その、検査結果を、まあ、いとこに、あの、一応検査してくれた医師のところに報告しなければいけないので、まあ報告して、相談することはしました。うん。

―― で、結局それってどうされましたか。

あの、一応病理検査は、えーっと…ん…見た限りは、あの、悪性ではないけれども、病理検査しないと、ポリープ取って病理検査をしないと、あの、ほんとに悪性かどうかはわからないからっていう説明だったんですね。で、あの、手術を受けるにしても、うーん、もしも最悪悪性の場合は、どうせだったら、あの、がんセンターのほうが、その後のこと考えたら、まあ、うん、安心して治療を受けられると思ったので、えー、自分の考えで、あの…転院することを決めました。

「語ってくれてありがとう!」と思ったらこちらをクリック →

あなたのひと言をどうぞ → ひと言