インタビュー内容テキスト

あの、2010年の8月に、あの、人間ドックを受けまして、で、9月の中ごろに結果が返ってきて、で、あのー、大腸の便、便の、潜血が、陽性であるという結果で、あの、再検査が、というか、あのー、精密検査が必要であるという結果が返ってきましたので、自分で、まあ近所の、内視鏡を専門、検査を専門にしているクリニックに行きました。そしたら、あのー、がんが見つかりました。はい。

―― では、もう、じゃあ、内視鏡検査をしているときにもうがんだということを言われたってことですか。

えー、がん、たぶん、がんだろうと言われて、ただ、あのー、まあ、その、先生の勘では、ま、早期だろう。ただ、やはり、あのー、細胞診という、あのー、診断を見ないと分からないけれども、まあ、たぶん悪性の可能性が高いということはそのときに言われました。

―― そのときにどのように、あの、お感じになりましたか。

「ええっ、うそ」という感じですね。あのー、自分自身なんの、まあ、もともと便秘症は便秘症だったんですけれども、あのー、至って、あの、どこが悪いとかっていうこともないし、あと、あの、人間ドックの、あの、検査項目には腫瘍マーカーも入ってるんですけど、肝臓も、あの、大腸の腫瘍マーカーも全部正常範囲だったので、えーっという感じはしました。信じられないという感じでした。

「語ってくれてありがとう!」と思ったらこちらをクリック →

あなたのひと言をどうぞ → ひと言