インタビュー内容テキスト

―― それでその、腸のカメラの検査でポリープがあるということが分かって。ただ、その時点では、がんかどうかっていうのは詳しく検査してみないと。

ええ、分かりません。それで、ちょっとね、先生も、「ポリープ大きいな」というようなことを話されてました。「普通より大きいよ」と、いうような声が、ちょっとまた耳に入りましたんで、モニターを見たら、おー結構モニターにも大きく映っていましたんでね。これはほんと大きいなと自分でも思いました。

―― その時あの、先生のほうから、「がんの可能性もあるかもしれない」という話は。

いや、それはなかっ、ありませんでしたね、ええ。とりあえず、このポリープは削除しますよ、切除しますよ、と。で後で、細胞診、細かく細胞診で診ますから、という話だけでしたね。

―― で、えー、細胞診の結果、がんがあると。

結果、がんがあると。がんの疑いがあると。だから外科に行って相談しなさいよと、いうことです。

―― その外科というのは、同じ病院の中で。

同じ病院の中の外科ですね。

「語ってくれてありがとう!」と思ったらこちらをクリック →

あなたのひと言をどうぞ → ひと言