インタビュー内容テキスト

ただ、……その、これは、たい、ま、大変というか、うん、もう…「そうとう進んでいるぞ」と言われたんで。まあ、やっぱり、がんというのはおっかないイメージはあったんですね、自分には関係ないとは思ったんですけども。で、さらにはああいうのを見せられると、あ、これは、……うーん、命の保証はないのかなって自分で思いながらも、でも、なるもんはなったから、今は痛くもかゆくないし、まあ、なるようにしかならないと。手術して取ってしまえば終わりだと。盲腸の手術だと思ってやろうと。…手術そのものも全然したことないし、そんなものは絶対に縁はないもんだと思っていたんですけども、もうどうにでもなれと、やってくれ…というような気持ちでおりましたけどね。
わたしはこのとおり、まあ、あんまり心配しないもんだから、あー、がんかもしれないというような話と、あのー、大きいの見せられても、「大丈夫、取れば治る」というようなことで、あのー、悲観的なことは、わたしは一切思わなかったし言わなかったしですね、取れば治るんだと。それこそ、だから、盲腸の手術と同じだと。逆に盲腸なら痛くなって手術するわけだけども、わたしの場合は、あのー、痛くもかゆくもなくて手術で取っただけだから、あー、幸せだなと思いましたけどね。

「語ってくれてありがとう!」と思ったらこちらをクリック →

あなたのひと言をどうぞ → ひと言