インタビュー内容テキスト

―― 市とか区の検診で、そういうふうに陽性って出ても、内視鏡検査受けないっていう方が、まあ、ときどきいらっしゃって。で、そういう方は、あまり、こう強く言われてないっていうね、その結果は返ってくるけれどもっていうこともおっしゃる方もいるんですけども、そのインターネットのその結果がもうすぐ行ったほうがいいですよっていう感じでした?

いや、いや、いや、自分でそう思ったんですよね。

―― あ、はい。

ああー、その、うん、どうしても行けと書いてないのかな。何か、ただ、あのー、要再検査と書いてありました。あのー、…うん、だけども、あ、その市の検査なんかで、それは、駄目だと言われて、次行かない人もあるんですか。

―― ……あ、それこそ、痔だと思ったから痔なんじゃないかっていうことで行かない方いらっしゃいます。

あのー、ああ、そうか、そうかも分からないとはちょっと書いてありますね。うん、確か書いてあったかも分からない、うん。でも、心配症なんですね、じゃあね(笑)。でも、行ったほうが、行ってよかったとは思っていますけどね。うん、で、すぐに、もう、次の週の頭には、あのー、総合病院へ紹介状書いてもらって行って。すぐに、そこで一番早く検査できるのはいつだって。で、もう、12月にはお店休んでいましたからね。もう、全部、検査のほうに、…検査がない日でももう仕事している気がしなくて、うん。…それで、内視鏡で取れて、で、「よかったなあ」とは言っていたんですけども。まあ、ぎりぎり、その(大腸の壁の)、一番、内の(粘膜下層)、を突きぬけているか突きぬけてないかのとこ(※)だから、「どうしますか」って言われたときも、もう「すぐ切ってください。年内に切ってください。できたら、もう早くしてください」っていうことで、年末、19日かなんかには、手術をしたんです。……。

―― ああ、じゃ、まあ、普段から、結構、…早目、早目にやっている。

怖がりなんですね(笑)。あのー、えー、臆病なのかな。たいそうにか、あのー、最悪を考えるというか、ああ、何かあったときに、もし、自分あかんかったらどうなるんやろうとかいうのを、よく、先、考えるタイプなんかも分かりませんね、はい。

※大腸壁は内側から、粘膜、粘膜下層、固有筋層、奬膜(しょうまく)とあり、腫瘍が粘膜下層までに留まっていれば早期がん、固有筋層までに留まっていれば進行がんとなります。

「語ってくれてありがとう!」と思ったらこちらをクリック →

あなたのひと言をどうぞ → ひと言