インタビュー内容テキスト

はい、自分は、痔の…病気を持っていまして、あのー、ときどき排便のときに出血ということが、ままあったんです。それで、8年前に、春、やっぱし排便のときに出血があったので、ま、薬局へ行って、座薬、止血の座薬を買ってきて、今までは、それで大体血は止まっていたんですけども、その8年前に限っては、買ってきた座薬全部使っても止まらなかったんで。ま、そのときに、商売上、あのー、…寄り合いつうのが、僕のところには、そば屋を経営しているもんで、あるもんで、その寄り合いのときに、仲間に、愚痴みたいな感じで、「今、こういう状態で弱っているんだ」って言ったら、仲間の1人が、「それは、痔でないかもしれない、がんかもしれない。大腸がんかもしれないから、内視鏡つう検査を受けてはっきりさせたほうがいい」という指示を受けまして、まあ、その友達の紹介で、東京ではなかったんですけども、まあ、他県の病院へ行って、内視鏡検査を受けたんです。

「語ってくれてありがとう!」と思ったらこちらをクリック →

あなたのひと言をどうぞ → ひと言