インタビュー内容テキスト

そのときは、あのー、先生が診てもそんなたいしたことないと思ったのに、やっぱりその、疲れがずっとたまっていたのかなんかね、あのー、2度目のその出血で、ただごとじゃないなと思って、もういっぺん先生が(検査に)出されたんですよね。うーん、だから、その見つかっただけでもね。それは、前は見つからなかったんですからね。先生が指を入れられてもね、そのー、ビニールの、こう、(手袋を使って)、入れるんですよね。で、そのときに、何も当たらなかったということで、先生が安心されたんだけど、大体わたしは、直腸のほうが今までなってないんですよね。奥のほうばっかりだったから、先生がちょっとそんとき油断なさったんですよね。だけど、その翌月にまた出血したから、今度は絶対何かあると思って、わたしも、すぐに飛んで行ったでしょう。で、それを、先生が取って、そのときは、その前は取らなかったんですよね。何も当たらなかったら、手に当たらなかったからって言って。でも、それが、ま、間違いだったんだけど、うん。

「語ってくれてありがとう!」と思ったらこちらをクリック →

あなたのひと言をどうぞ → ひと言