インタビュー内容テキスト

まあ、今から6年前に退職したんですけども、そのあとに、えー、町の健診を引き続き受けて、それで、メタボみたいな状態なんで、そのチェックは受けて、その段階で健診の結果、やっぱり潜血が800数値的に800以上ということで、プラス三つついていたんですけども、それ全然、わたしは、何を意味しているか分からなかったんです、はっきり言って。ですから、あそこは、痛くもかゆくもないし、体調も悪くないんで、全然無視していたんですね。

―― ね、でも、一応、全部がん検診も一緒にメタボと、えー、お住まいの地域ではやってらっしゃる。

はい、トータル全体ですからね。胃がん、大腸がん、それから、細かい検査、ま、一通り、全部毎年やっていますので、それでチェックされているんだけども、大腸がんの、潜血に関するアドバイスは、全然なかった。わたし自身も全然そこは、…む、むし、あのー、無視していましたけども(笑)。
毎月、あのー、指導してくれて、電話がかかってきたり、今どうしていますとか、食事とか運動どうですかとか、あのー、メタボに関するチェックはかなり厳しいですね、あのー、運動を直接その場で、えー、保健センターで運動したり、食べ物のカロリーのこととか、いろんな指導をしてくれて、すごく、あのー、細かく教えてくれるんですけども、大腸がんなん、あるいはがんというものは全然ノータッチだったですね。

「語ってくれてありがとう!」と思ったらこちらをクリック →

あなたのひと言をどうぞ → ひと言