インタビュー内容テキスト

その検査に出した便に血液が入ってるかどうかっていうことですもんね。だから、

―― え、あんなちょっとしか採らなくて(笑)、こう、便全体を丁寧にはやらない。たくさん刺してって言ったって。

その時、たまたま出血がなければね、そのまま通過してっちゃうことだと思うので。うん。ねえ、どうやって大腸がん見つければいいのかねえ。ほんとになんか、うーん。お腹の調子の悪い人は、ねえ…うん……なんていうか、うん、やっぱ便、便の様子とかね、うん…よく気を付けたほうがいいですね。うん。
あの、あ、思い返すと、あれは大腸がんの症状だったかもしれないって思うのは、こう、なんか飲酒っていうかした時に…こう、必ず下痢便になるんですよね。うん。で、私、大体毎朝一回便が出る感じで、別に快便だったもんで、うん、あまりその時も、「ああ、ビール飲んだから下痢になったんだな」っていうふうで思ったんですけど、それってやっぱり、下痢と、下痢をなんかこうちょっとしたきっかけで繰り返すっていうのも、多分、大腸がんの症状だったんですよね。うん。

「語ってくれてありがとう!」と思ったらこちらをクリック →

あなたのひと言をどうぞ → ひと言