インタビュー内容テキスト

これは、だから、あのー、まあ、国レベルだと思いますけれども、要するに、そのー、確かにそうですね、検査項目、検査も分からないし、どうしていいか分からないっていう方も、いっぱいいると思います。
だけど、それは、もう、国なり地方自治体の指導が入るべきです、指導。そして、もうとにかく早くがんを、がん患者がいたら発見する。もう、その、2人3人の話に戻りますけれども、もう、自分はがんであると思っても構わないです。それを、がんである可能性ということを考えて、それで、…治療なり検診なりを受けると。だから、「あなたは、がんですよ」って言われたって。もう、だって、2人に1人ががんになる世の中ですよ。そんなに珍しいものじゃないでしょ。言われてみればね。ただ、がんになったときには、「えー、がんなんですか、びっくりしました」ということは、それはあるでしょう、当然ながらね。だけど、もう、もう、個人レベルでは駄目ですね。もう、むしろ個人レベルで、今悩んでいる人、治療費が払えないとか、次の治療に進めないという人がいたらば、これは、もう救済すべきですね、確実に。もっと守ってあげなくちゃいけないです、国が。で、さっきから繰り返しているけれど、そういうがん患者を生まない社会を作っていく。それが、もう、わたしの、わたしは最大の目標だと思います、ええ。
こんなにがん患者が多い国家って、います。あまりないでしょう。というふうに思った。ま、わたしも、つい、この、今回このお話をするということで、ちょっと、本をぺらぺらめくったんですよね。たら、2人に1人ががんになり3人に1人が命を落とすと。もう、こんなポピュラーな病気ってありませんよね。だけど、自分ががんということを、いざ知ると、すごくびっくりするわけですよ、患者って。でも、それもちょっと、ちょっと変な、おかしい、だから、要するに教育がなっていないんですよ、がんの教育が。がんの教育および治療およびがん患者をおこさないっていう教育が全くなっていないんです。それは、国がやるべきです。国なり、もう、そうですね、国なり地方自治体が予算を持ってやるべきです。と思いますけどもね。

「語ってくれてありがとう!」と思ったらこちらをクリック →

あなたのひと言をどうぞ → ひと言