インタビュー内容テキスト

で、後から気が付いたんですけど、もう便が自分の薬指ぐらいに、あのー、太さになってまして、でー、軟便っていうんですかね。軟らかい便で、朝、トイレも1回で済まないんですよ。ぽちょぽちょぽちょっちゅうような便が出まして、大体2回ぐらい。で、多いときには、あの、朝3回ぐらい行っていましたんですけども、もうそれは、あの、便が軟らかいのも便も細いのも、もう自分の体質かなということで、もうこれも自分の判断ですわ。自己判断でそういうふうに決め付けてまして、で、今言う、あの、薬飲んでるうちに、あの、あのまあ、職場の先輩っていうんですかね。あの、その方が1月の正月開けに、あの、大腸にポリープが見つかって、で、内視鏡でポリープを取る、あの、まあ、手術というか、内視鏡でポリープを取られたんですよ。で、その人と、あのー、1、えーと、3月かな、にも入ってたんでしょうかね。3月の初めぐらいに、あの、話して、その人は1月にポリープを取ったんですけども、3月の初めぐらいにその人と話をしてましたら、その、便が細いっていうさっきの、便が細いという話をしてたんですよ。したら、その、手術、あの、内視鏡でポリープを取った人は、「私は……」、あの、彼は4つポリープを取ったと。まあ、これはがんではない良質のポリープなんですけども、4つポリープを取ったところ、あのー、その人も便がもともと細かったのが太くなったような気がするんやと。「あ、ほんまに」そしたら、ひょっとしたら僕、わしも、あの、ポリープできてるか分からんし、いっぺん見てもらうっていうことで、で、薬、ちょうどそれからちょっとしたら切れましたんで、あの、3月の初めやったと思うんですけれども、もう1回、あのー…、痔のほうの先生ところに行って、「先生、私、便が最近細いんですけども、これはやっぱり先生、痔のせいですか?」って言うたら、先生はもうケロッとして、「いや、いや。あんたの、あのー、便の細いのは痔のせいちゃう。あんたの痔はそんな痔と違うで」とパッと言われたんですわ。「あ、これはちょっとおかしいな」と思って、で、ちょっと心配になったので、あのー、内視鏡の検査を受けなあかんと思いまして。

「語ってくれてありがとう!」と思ったらこちらをクリック →

あなたのひと言をどうぞ → ひと言