インタビュー内容テキスト

やっぱり3年、育つのにだいたい5年くらいかかりますから、えー、3年前に受けとけば、たぶんステージはもう少し、えー、2くらいだったと思いますんでね、うん。あのー、進行度でいっても、ま、脈管侵襲はなかったり、リンパ節も1個、2個ぐらいで済んだっていうことになれば、えー、まあ、2のクラスでおさまれば、えー、再発率としては、逆に言うと、えー、5年生存率が、逆の70パーセントくらいは、まあ5年生存率上がりますからね。今は逆の30パーセントに入ってますんで(※)、えー、5年以上生きるっていうのは、たぶん…、あんまり…、今時点ではあの、ま、だめだろうなと思ってはいるんですよ、うん。…3bで、まあ僕の知り合いとかはそういう症例も見てますけど、3bで同じ時期にオペして、5人オペしてますけど、えー、3人死んでますんでね、1年半のうちにね、うん。うん。まあ、でも、がんが再発するのは、だいたい抗がん剤治療をして、えー、まあ、ある程度、1クールやって少し期間を置きますから、1年から、えー、1年半、ま、1年から2年の間に、えー、再発するときはまあ、しちゃいますんで、えー、ちょうど今その辺、時期なんで、どうかなとは思ってはいるんですけどね、うん。なかなか、あの…、微妙ですけどね、うん。ただ、そうやってこう、どっかでこう、ま、けじめというかそこんとこをつけとかないと、なかなか、あのー、平穏にというか、普通の状態で仕事はできないんで、うん。ま、幸い仕事が忙しいんで、そっちで、まあ少し紛らわせてるっていうところもありますけどね、うん。で、やっぱり3年前受けときゃ、たぶん早期がんで済んでるんで、えー、もうちょっと展開が、まあ長く生きるのがいいか悪いかまた別なんですけどね、うん。

※現在はさらに生存率が改善されています。大腸がんの病期別生存率については、「大腸がんとは」のトピックをご参照ください。

「語ってくれてありがとう!」と思ったらこちらをクリック →

あなたのひと言をどうぞ → ひと言