インタビュー内容テキスト

まあ、すぐに、あのー、これは、手術、開腹手術して患部を除去したほうがいいつうことで、まあ、手術しました。あのー、手術時間は、大体4時間ぐらいかかったんですかね。あのー、取ったものは、うちの女房が見たんですけども、僕は見ていないんですけども、かなり大きかった。まあ、切断、大腸を切断して、それぞれの悪いところを取って…縫合して、今は、なんともないわけなんです。あのー、手術してからですね、あのー、20日間入院しました。…まあ、手術期間は、もう、大体、4~5日すると痛みもなくなってきて、体は楽になったんですけども、まあ、抜糸してから…、またおなか裂けちゃったんですね、縫ったところが。それをまた縫合、再縫合して。
で、退院してから、10日後ぐらいして…、その先生のところへ、また見せに行ったんです。そのときに、その担当の先生が、あのー、「転移していない」って言われたんです。…あのー、それが1番大事だったんですね。転移していたら、もう放射線治療とか、あのー、そのほか、がんに対する治療が始まるんですね。もう、地獄が待っているわけなんです。僕は、「転移していない」って言われたので、そこで一応完治つうことで…、あのー、がんに対しては、うまい具合に済んだんですね。でも、まあ、3カ月ごとに、あのー、また再発するかもしれないので、CT撮ったり、超音波とったり、血液検査したり、また1年に1ぺん内視鏡検査したり、そういった期間が5年間続いたんです。

「語ってくれてありがとう!」と思ったらこちらをクリック →

あなたのひと言をどうぞ → ひと言