インタビュー内容テキスト

あ、体調はね、まあとりあえず、あのー、開腹じゃなくて、えー、腹腔鏡でやりましたから、あの、やっぱり、えー……、体力的には楽ですね。全然もう、開腹と違って。まあ、そういう人たちも何人も見てますし、あれですけど、やっぱり腹腔鏡は、えー、体力の消耗は、まあ、あの、ほとんどというとちょっと語弊があるんですけど、あの、結構、えー、3日間くらいですね、うん。切開部分はちょっと、膿んだりいうのがありますから、うん。

―― 何かこう、手術の方法は、あのー、幾つかこう選択肢があって、じゃ、これにしましょうということで。それとも?

いや、もう、基本的にですね、えー、肉眼的に見てある程度浸潤はしてるんで、本当はたぶん、えー、ラパ(ラパロスコピー=腹腔鏡の略語)というか、あのー、腹腔鏡の対象には、えー、なるかどうかは微妙なところだったんです。幸いあの、えー、回盲部というかね、えー、右の、あのー、盲腸の近辺のとこなんですよね、あって、あの、ま、ちょっと、えー、上行結腸の、えー、ちょうど、まあ、横行結腸にかかるちょっと手前くらいのとこだったので、右半(うはん)結腸摘出だけでたぶん、えー、ま、リンパ節うんぬんはともかくとして、とりあえず患部はそれで取れると。
えー、そういうことであれば、あのー、できるだけ早く、えー、復帰したいんで、えー、腹腔鏡で、まあお願いしますと。で、その中でもし、えー、リンパ節やなんかの郭清がうまくいかなくなってもそれはそれでまあ仕方がないんでということで、あの、まあ、向こうの外科の先生にはお願いして、それで、無理無理、やってもらいました。
だから、どうなんでしょうかね、えー…、腹腔鏡の対象であったかどうかちょっとやっぱり微妙だったんだろうと思うんですけども、えー、体力的にはとっても、あの、えー、リカバリも、あの、スムーズに行きましたんで、まあ結果としてはそのほうが良かったかなと思いますね。で、まああのー、この施設も、あのー、腹腔鏡の症例も、あの、数こなしてますんで、かなりの、進行がんの方でも、ある程度今、腹腔鏡で、まあ希望する方は、やっぱり、年々増えてはいるというふうにお話は伺ってます。

「語ってくれてありがとう!」と思ったらこちらをクリック →

あなたのひと言をどうぞ → ひと言