インタビュー内容テキスト

―― 精密検査をしてポリープと。このポリープと腫瘍が両方見つかったということなんですか。

えー、あの、両方見付けて、医者は見付けてたんですが、まあ、両方とも細胞を取ってるんで、結局両方ともがんだったんですよね。ただ、両方なってるよと言うと、かなりショックが強いと思ったせいか、内視鏡でポリープを取っておきますという、簡単な最初説明で。直腸のほうだけは。で、大腸のほうは、まあ、以前腸閉塞もやってますんで、癒着してるから、全部癒着を取らないかんので、まず。で、癒着を取るためにはお腹を切らないと取れないから、あの…腹腔鏡というんですかね、ああいうものではできないということで。そういうもんでできんか、という話をしたんですけど、とてもじゃないけどそういうもんではいかん、と。で、全部腸を、だから、たらいの中に出したみたいです。全部、腸を。うちの家内が見てたんで、そう言ってました。そこに全部出して、それでずっとこう癒着部分を切って。電気メスで。それで大腸を取ったという。

―― そうですか。

癒着…ねえ、まあ、確かに、一回空気に触れさせると癒着しやすいらしいですね。何度もありましたもんね。一番ひどいときに一回入院したんですけども。まあ、そういう傾向があったんで。経過があったんで、切ってやらないといかんよ、と。で、結局は、直腸も切らないかんもんで、どっちみちお腹を切らないとできないよという話だったんです。

「語ってくれてありがとう!」と思ったらこちらをクリック →

あなたのひと言をどうぞ → ひと言