インタビュー内容テキスト

医師に「残念ながら、あなたはがんです」と言われたときは、「うわっ」と思いました。がんだから、というわけではありませんでした。がんより大変な病気もありますから、この世で最悪の診断結果だとは思いませんでした。パーキンソン病や、脳卒中や、多発性硬化症ではなくてよかったと思いました。70歳でがんというのは、それほどひどいことではありません。進行は遅いですし、治療も難しくはありません。がんだと告げられたときは、正直なところ「面倒なことになったな」と思いました。多少は厄介なことですから。でも、落ち込むことはありませんでした。この病気によってすぐに死ぬことはないとわかっていましたし、がんの告知が死刑宣告だとも思っていません。それは根拠のない話です。私はがんを上手く克服し、その後も元気に過ごしている人たちをたくさん知っています。

「語ってくれてありがとう!」と思ったらこちらをクリック →

あなたのひと言をどうぞ → ひと言