インタビュー内容テキスト

周りの人に隠すのは、意味がありません。私は小さな村に住んでいるので、そう確信しました。入院する前、主な知り合いに、何故自分が入院するのか、何の治療を受けるのかをはっきりと知らせました。だから、くだらないうわさが出回ることはありませんでした。
「知らせたい人には誰にでも話して良いわよ。黙っているのは意味がないことよ」と言いました。 結果として、大きな支えを得ることが出来るのです。
 私の部屋は、ガンにかかったことのある方もかかっていない方も含めて、大勢の方達から頂いたカードで一杯飾られています、これは大きな励みになりますよ。

「語ってくれてありがとう!」と思ったらこちらをクリック →

あなたのひと言をどうぞ → ひと言