インタビュー内容テキスト

患者のサポートについては提言しなければならないことがあります。私がサポートを期待していた友達が私を避けるようになり、とても傷ついたことがあったからです。それを受け入れるのは本当につらいことでした。私がいったい何をしたの?がんになったのは私のせい?でも、その逆もありました。心を砕いてくれるだろうとは夢にも思わなかった人々が、とても素晴らしかったのです。夫の職場の人たちは、面識もないのに、すべての面でよくしてくれました。ほとんど行き来したことのない近所の人が、洗濯やその他すべてのことをすると申し出てくれました。周りの人たちのリアクションは両極端でした。つまり、ほとんど知らない人が一生懸命に頑張ってくれるかと思えば、助けて欲しいと期待している人からは優しい言葉も励ましのカードもこない、そういうものなのです。聞くところによると、サポートグループの中でしたら、それはごく普通のことだそうです。何の助けも差し伸べてくれない人がいれば、そばにいて助けてくれる人もいます。

「語ってくれてありがとう!」と思ったらこちらをクリック →

あなたのひと言をどうぞ → ひと言