インタビュー内容テキスト

大事なことは、もしガンと診断されたら前向きになることです。治療に取り組みガンを克服するのです。人にはガンを克服する力があるはずです。きっとできます。本当に強い意志を持って、ガンに負けないようにするのです。毎朝起き、今日も生きていることを神に感謝し、自分がすべきことをするのです。決してじっと座って「いつかきっとよくなるはず」と考え込んではいけません。もちろんきっとよくはなるでしょうが、大人しく座っていては怠惰な気持ちになりますし、どうでもいいという気持ちが出てくることもあります。でも、何かしていれば、しようとしていれば、少なくとも積極的でいられます。前向きになれるのです。本当に前向きであるがことが大事です。そして、ちゃんとした食事を取り、まともな生活をし、運動をするというような、やるべきことをやっていかなくてはなりません。ジムに行けないのなら、散歩に行けばいいし、近所を一周して帰ってくるだけでもいいのです。とにかく、前向きな気持ちでいなくてはなりません。

「語ってくれてありがとう!」と思ったらこちらをクリック →

あなたのひと言をどうぞ → ひと言