インタビュー内容テキスト

放射線療法のことで、再び病院に行きました。主治医に化学療法を受ける必要がないと言われ、とても安心しました。浸潤性のガンと最初に診断された時、すぐにタモキシフェンを処方されていたからです。
「タモキシフェンと放射線の併用療法があなたに必要な治療のすべてです。」と言われました。 エストロゲン反応性腫瘍であることがわかったので、タモキシフェンは選ばれたのでしょう。エストロゲン反応性腫瘍には、タモキシフェン投与が一般的な治療だったのです。私は「これは良かった」と思いました。

「語ってくれてありがとう!」と思ったらこちらをクリック →

あなたのひと言をどうぞ → ひと言