インタビュー内容テキスト

私は肺動脈塞栓症を患っていたので、腫瘍チームは術後の治療薬としてタモキシフェンはおそらく適応ではないと考え、アリミデックスに決めました。タモキシフェンについては多くを聞いていたし、実際、乳癌患者を延命させることが出来る奇跡の薬と聞いていたので、(それが使われないということに)初めは少しうろたえました。しかし、このアリミデックスも同じように有効だと説明されなっとくしました。
時々一過性のほてりがあってそれはかなり気持ちが悪いものです。それを抑えるのに少しいらいらするするかも知れません。でも時が経つに連れ、一旦それがどういうものであるか分かれば気が楽になり、気にしなくなります。

「語ってくれてありがとう!」と思ったらこちらをクリック →

あなたのひと言をどうぞ → ひと言