インタビュー内容テキスト

私は一旦退院しましたたが、11月29日に帰院しました。退院できたのはほんの短い間でした。その間に、乳房を救う方法はないこと、癌は乳癌にしてはかなり大きく5.2cmに達していること、乳房後方に点在しているので、それを温存しておくことは不可能であることを告げられていました。そこで乳房全摘術をすることに決まりました。
11月29日の午前に手術を受け、乳房と一緒に右腕下部から癌とリンパ腺を15個取り除いてもらいました。私は生還し、かなり早く回復しました。
その頃、自分の現実に直面してショックを受けていました。外観が醜くなったということです。そんなショックに備えて、皆あらゆる努力をしてくれましたけどショックであることにかわりはありません。

「語ってくれてありがとう!」と思ったらこちらをクリック →

あなたのひと言をどうぞ → ひと言