インタビュー内容テキスト

診療はとてももたもたしていて、長時間待たされたけれど、それは受け入れるしかなかったわ。でも中には待たされずにすぐ入って、すぐに出てこられる日もあったの。私はほかの患者さんたちとの会話には入りたくない、と思ってたの。私は自分のことで精一杯だったから、他の人の話なんか聞きたくなかった。
中には、待合室中に自分の話を聞かせたがる患者さんもいて、それは私にはきつかった。だから私はいつも(部屋を)出てコーヒーを飲んで、自販機コーナーに感謝してたわ。

「語ってくれてありがとう!」と思ったらこちらをクリック →

あなたのひと言をどうぞ → ひと言