診断時:49歳
インタビュー時:54歳(2008年2月)
首都圏在住。2002年に右乳房温存術を受けたが、断端にがんが残っており、追加で乳房切除術を受けた。3年後に乳房再建術を受け、現在はホルモン療法を継続中。夫と2人の子どもがいる。非常勤特別職員(生涯学習推進員)として仕事を続けている。

この人の語りを見る

プロフィール詳細

首都圏在住のKSさん(仮名)は、30代後半に子宮頸がんで手術し、その後、子宮内膜症で子宮を全摘した経験がある。胸のしこりに気づいたのは、2002年3月48歳のときだったが、義母の看病があり、受診を引き延ばしていた。一段落した8月に職場近くの総合病院に行った。細胞診を受けたが、はっきりした診断はつかず、生検を勧められたので、別の病気で通院している大学病院を受診。生検の結果、がんと診断され、翌月、手術となった。

まず温存手術が行われたが、病理検査の結果、断端にがん細胞が残っていたため、①再手術、②放射線を多く照射、③抗がん剤、という3つの選択肢が示された。浸潤性小葉癌の診断であったこと、心臓弁膜症の既往があって抗がん剤は勧められないとの主治医の勧めで、再手術を決意し、乳房切除術を受けた。その後は、ホルモン剤を服用して、現在に至っている。はじめは、閉経前ということでタモキシフェンを服用。その後、ホルモン検査を行い、閉経状態が確認されたため、アリミデックスに変更された。

術後3年経って2期再建を受けた。乳房切除してから転びやすくなったことや、女性のシンボルである乳房がなくなったことで気持ちがうつっぽくなっていたので、再建を受けることにした。子宮全摘より乳房切除の方が目に見える場所であり、自分にとってはつらかった。再建手術は心の再建になったと感じている。

今回、2度目のがんであったが、神様は2度も助けてくれないのではないかと思い、乳がんになったことは非常にショックだった。アガリクスなどの民間療法にすがった時期もあった。再発への不安は今でもある。また、病気になる前後で、義母、実母の介護、交通事故にあった娘の看病など、無理せざるを得ない状況を抱えていた。そういった状況の中、相談する相手はほとんどなく、情報源は本だけだった。現在は自分のがん体験を生かして、同じように不安を抱える人たちを支援したいと思い、ピアカウンセリングに取り組んでいる。

「語ってくれてありがとう!」と思ったらこちらをクリック →

あなたのひと言をどうぞ → ひと言

インタビュー04:体験談一覧