診断時:47歳
インタビュー時:51歳(2008年2月)
東海地方在住。2004年、乳がんと診断され、右乳房温存術、追加切除術、抗がん剤治療、放射線療法を受けた。2006年、骨転移で放射線療法と抗がん剤治療を受けた。2007年、肝転移、胸膜転移で抗がん剤治療を開始。金融機関に勤務し、休職と復職を繰り返してきた。治療中に夫と義父を看取っている。

この人の語りを見る

プロフィール詳細

WYさん(仮名)が右乳がんの診断を受けたのは、金融機関に勤め、激務をこなしながら、義父と夫の介護にあたる多忙な日々を送っていたときだった。2004年、検診に行った病院で、乳がんが見つかり、大きさは5cmほどと言われた。ほどなく乳房温存術が行われたが、術後、「腫瘍が残っているので、抗がん剤と放射線で治療します」という医師の説明に疑問を感じ、職場の保健師に相談した。そして、セカンドオピニオンのため、がん専門病院を受診。追加切除術を勧められ、そこで手術を受け、引き続き抗がん剤治療と放射線療法を受けた。

2006年暮れ、数ヶ月前より運動時に腰痛があり、骨シンチを撮ったところ、腸骨への転移が見つかった。何とか仕事の調整を付けて入院し、放射線療法を受けたが、退院後はすぐに復帰。再び忙しい生活に戻った。2ヵ月ほどすると、股関節にも骨転移が見つかる。以後、仕事は休職することにし、再度入院して放射線療法を受けた。同時期に肝転移、胸膜転移も見つかり、抗がん剤治療(タキソテール)を開始。現在も治療を継続している。

最初の抗がん剤治療中に夫と義父を看取った。現在、息子たちは家を離れていて、社会人の娘と暮らしている。そのため、病気に関する相談相手は職場の保健師である。子どもたちにはできるだけ心配をかけたくないと思っている。

2度目の再発までは、治療が終わると復職し、忙しい生活を送ってきた。最初に診断を受けたときには、乳がんの知識がなく、「風邪の重い程度」と思い、軽く見ていたところがあったからだ。再発して初めて「全身病である」ことがわかり、食事や生活のしかたも重要であると認識した。もっと医療者からそういった説明がほしかったと思う。入院して放射線治療を受けていた時期は、これまで体のことを省みず、がんになってからも仕事中心で忙しく生活してきたことを後悔し、周囲への怒りを感じた時期もあった。しかし、病気のことを調べたり、リラックスする時間を作りながら、考えを整理していくことで次第に気持ちが落ち着いた。しばらく休職し治療に専念することにしてからは、体によいことを取り入れて食事を工夫したり、友人との旅行を楽しむなど、ストレスの少ない生活を送るようにしている。最近は、病状も落ち着いているので、社会とつながっていたい気持ちが湧いてきて、復職することを検討している。

「語ってくれてありがとう!」と思ったらこちらをクリック →

あなたのひと言をどうぞ → ひと言

インタビュー06:体験談一覧