診断時:44歳
インタビュー時:45歳(2008年4月)
首都圏在住。2007年5月に自分でしこりを発見。右乳がんと診断され、右乳房温存術、リンパ節郭清術、術後抗がん剤治療を受けた。これから放射線療法とホルモン療法を行う予定である。仕事は会社役員(代表取締役)。

この人の語りを見る

プロフィール詳細

首都圏で会社を経営するCHさん(仮名)は8年前、子宮頸がんで手術を受けた。その後5年間、経過観察を行い、異常がなかったので、他のがんについても大丈夫だと思っていた。2007年5月44歳のとき、右胸に電気が走ったような感じを受けて、触ってみるとしこりがあることに気付いた。すぐに、看護師で、数年前に乳がんになったことがある友人を思い出し、相談したところ、受診を勧められた。

受診したのは、子宮頸がんでかかっていた大学病院だった。マンモグラフィで右だけでなく、左にも小さい石灰化が認められたため、右は針生検、左はマンモトーム生検*1が行われた。その結果、右は乳がん、左は乳腺炎と診断された。

すべての検査結果が出るまでは約1ヶ月半かかったが、その間の不安は非常に大きく、睡眠障害になってしまった。そんなとき、外来の看護師から、カウンセリングを勧められ、受けてみると、自分のつらい気持ちを素直に言葉にすることができ、徐々に前向きな気持ちになることができた。

手術は、右乳房温存術、リンパ節郭清術が行われた。リンパ節に転移が認められ、病期はⅡb期と告げられた。現在、抗がん剤治療が終了したばかりで、これから放射線療法とホルモン療法を行う予定である。ホルモン療法については、長期にわたるので、もし生活の質を下げるような副作用が見られた場合には、治療をやめることも考えている。

抗がん剤の副作用としては、ファルモルビシンで血管炎による血管痛が起きて、当初FEC6クールのみの予定がFEC4クール+タキソール4クールに変更となった。また、脱毛は予想以上に辛い副作用だった。

CHさんは元々スポーツを趣味としていたので、リンパ節を郭清して、腕が上がりにくくなったことを非常に残念だと思っている。現在(インタビュー時、術後7ヶ月)もリハビリを続けているが、元どおりにはなっていない。

病気になった当初から、家族や親しい友人に状況を伝えるために、ブログを開設した。ブログは、自分の体験を言葉にすることができるので、闘病の助けになった。がんになって決してよかったとは思っていないが、日常の些細なことに感謝できるようになり、生き方をリセットする機会になったと感じている。

*1マンモトーム生検:マンモグラフィの画像で位置を確認しながら行う生検のこと。

「語ってくれてありがとう!」と思ったらこちらをクリック →

あなたのひと言をどうぞ → ひと言

インタビュー09:体験談一覧