診断時:44歳
インタビュー時:49歳(2008年7月)
首都圏在住。2003年春、左乳がんで、左乳房部分切除術(1/4)+腋窩リンパ節郭清、術後は放射線療法、化学療法、ホルモン療法を行った。5年目の現在もホルモン療法中。 夫と姑と3人暮らしで子どもはいない。発症当時は指圧治療院に勤務。一旦退職後、現在は栄養士としてパート勤務をしている。

この人の語りを見る

プロフィール詳細

KEさん(仮名)が偶然しこりを見つけたのは、2003年春のことだった。左胸に痒みを感じ、掻いてみたらしこりを感じた。右胸にはなかったので、びっくりして乳がんだと確信し、すぐに夫に報告。翌日、以前に子宮がん検診と乳がん検診で診てもらったことのある産婦人科を受診したところ、精査を勧められた。いくつか選択肢があったが、家族が面会に来やすいこと、自分も通院しやすいことを理由に、自宅近くの病院を紹介してもらった。そして、細胞診の結果、「70-80%がんだろう」と言われ、①外来で生検して後日手術か、②入院して生検して悪性だったら、引き続き手術かの選択肢が与えられた。一遍に済んだ方がよいと思って、後者にした。診察に同行した夫は本人以上にショックを受けていた。

結局、生検の結果は乳がんで、左乳房部分切除術(1/4)+腋窩リンパ節郭清が行われた。入院中は乳がんの先輩患者との出会いがあり、個室で快適な入院生活だったが、ドレーンからの排液が減らず、17日という予想より長い入院となった。術後の病理検査でリンパ節に転移が見られ、断端(手術で切り取った切り口)にがん細胞が残っていたため、術後は放射線療法(接線照射エックス線2グレイを25回+追加照射電子線5回)、化学療法(CEF6クール)、ホルモン療法(ホルモン感受性あり、ゾラデックス注射、ノルバデックス内服)を受けた。そろそろホルモン療法を開始して4年が過ぎ、現在は終了時期が近付いていることをうれしく思っている。

健康維持のために、治療と並行して健康食品を摂ったり、飲料水や食事にも気を遣ってきた。また、免疫力を上げるために、夫の協力を得て、笑うことを大事にし、明るく過ごしている。乳がんになり、それまでしていた仕事を一旦辞めたが、治療が一段落して徐々に体が回復してきた頃、友人に誘われて、編み物とフラメンコを始めたことが外に出るよいきっかけとなった。仕事は1年半後にパートで再開した。初期のころから、家族、友人、知人などに病気のことをオープンにしてきたことで、支えが得られ、周囲にもがんのことを知ってもらうよい機会となったと思っている。

「語ってくれてありがとう!」と思ったらこちらをクリック →

あなたのひと言をどうぞ → ひと言

インタビュー23:体験談一覧