診断時:38歳
インタビュー時:42歳(2008年8月)
近畿地方在住。2004年1月に右胸のしこりを発見。8ヶ月ほど放置し、嚢胞(のうほう)が10cmを超えるまでに大きくなったため、受診。右乳がんを診断された。乳房温存手術のみを実施。術後は無治療で、定期検診しながら、現在に至る。事務職の派遣社員で、夫と2人暮らし。子どもはいない。術後、仕事に復帰している。

この人の語りを見る

プロフィール詳細

UKさん(仮名)が入浴中に右胸のしこりを発見したのは、2004年1月、正社員として働いてきた会社を退職し、海外で40日ほど過ごし、帰国した直後のことだった。2月から派遣の仕事が決まっていたこともあり、きっと良性だろうと、受診しなかった。1か月後、しこり近くの皮膚に小さい嚢胞(のうほう)ができ、3月下旬にはピンポン玉くらいの大きさとなった。しかし、そのまま仕事を続け、6月で派遣が終了。夫婦で旅行を予定していたので、婦人科で月経周期の調整のためピルを処方してもらう。その半月後、さらに嚢胞(のうほう)が大きくなってしまう。痛みはなかったが、さすがに異常であると感じ、帰国したら受診することを決意して、最後の旅行のつもりで、9月に1人で海外に出かけた。帰国後、ピルを処方してもらった婦人科を受診。そこではたぶん良性だろうと言われたが、乳腺外科を紹介され、マンモグラフィ、エコー、細胞診を行った結果、乳がんだと診断された。強いショックを受けたが、これではいけないと思い直し、インターネットで情報を集めてから、セカンドオピニオンを受けに行った。そこでも同様の結果が出たが、医師の説明の仕方がよかったため、その病院で手術することに決めた。

主腫瘍自体は2cm強であったが、嚢胞(のうほう)が10cm程の大きさになっていたため、温存は難しいということで、再建のことも考え、皮下乳腺全摘術を受けることにした。リンパ節については、後遺症が残ることを心配し、触れないでほしいと希望した。こうして一旦、手術を受けようと思ったのだが、また手術を受けることに戸惑いが生じてしまう。そして、主治医に「代替療法を受けたい」と伝えると、「1ヶ月という期限付きならよいだろう」と言われ、代替療法を開始。しかし、2週間後、嚢胞(のうほう)がどんどん大きくなり、不安が募り、受診。やっと手術を受ける決心がつく。11月末に手術のために入院。手術は結局、全摘せずに済み、乳房温存手術が行われた。手術後に主治医から説明があったときは、乳房を切除せずに済んだことが嬉しくてたまらなかった。

術後の病理診断は腺扁平上皮がんという珍しい種類の浸潤がんで、HER2もホルモン感受性もなかった。術後、主治医がいろいろな状況を検討した結果、温存ではあるが、放射線療法は特には必要ないということだった。抗がん剤療法についても、再発が低リスク群であったため、自分の意思で受けないことにした。したがって、術後は無治療で定期的に検診を受け、現在に至る。

自分ががんであることはショックなことだったが、自分が告知を受けた以上に両親に伝えることはつらかった。現在は、派遣で仕事をしながら、趣味の旅行を楽しんでいる。がんになったことは決してネガティブなことではなく、これからは患者サポートをする側として自分の経験を生かせたら、と考えている。

「語ってくれてありがとう!」と思ったらこちらをクリック →

あなたのひと言をどうぞ → ひと言

インタビュー30:体験談一覧