診断時:37歳
インタビュー時:41歳(2008年9月)
離島在住。2004年3月、左乳がんを診断され、左乳房温存術+腋窩リンパ節郭清術、放射線療法を受け、ホルモン療法を開始。2006年1月、右乳がんの診断で右乳房温存術を受けた。2008年春には、境界悪性卵巣腫瘍で左卵巣摘出術を受けた。当時は母親と姉弟の4人暮らしで看護師をしていた。現在は、マッサージサロンを開き、1人暮らし。

この人の語りを見る

プロフィール詳細

SYさん(仮名)は2004年2月、何かの拍子に左胸のしこりに気づき、怖かったが、放置するのも怖いと思って、2日後に姉の勧めてくれた乳腺専門クリニックに行った。マンモグラフィ、エコー、生検を受け、1週間後に左乳がんという診断を受ける。告げられた時は、頭の中が真っ白になり、主治医の勧めた通り、手術を2週間後に受けることになった。セカンドオピニオンを受けるなどの気持ちの余裕はなかった。
2004年3月に、左乳房温存手術+腋窩リンパ節郭清を行った。腫瘍は、しこりとして触れたもの以外に腋窩に近い部分にもう一つあり、大きい方が1.8センチで温存が可能という説明だった。非浸潤がんだと思っていたので、手術で終わりだと思っていたが、病理検査の結果は浸潤がんで、それから放射線療法と、5年間ホルモン療法をしなくてはならないということに、新たなショックを受けた。特にホルモン療法を行うことは、結婚や出産について希望が絶たれるような思いがあり、躊躇した。しかし、再発防止を優先させて、治療を受けることにし、術後2週間で仕事に復帰し、放射線療法は仕事をしながら通院して行い、ホルモン療法(ゾラデックス注射、ノルバデックス内服)も開始した。

その後は、ホルモン療法の副作用のせいか、時には落ち込むことはあっても、普段の生活に戻り、楽しく過ごしていた。同時に何か物足りなさを覚えていた。そんなとき、ある人の助言で夢を諦めていたことに気付き、思い立って、術後1年で看護師を辞め、かねてからの夢だったマッサージのサロンを開くことにした。

しかし、術後1年半経った2005年11月、自分で右側にしこりを見つける。検査の結果、左側とは違う種類の新たな乳がんができていることがわかった。これから頑張ろうとしていた矢先に、とてもショックなことだった。幸い、0.8センチという非常に早期の状態だったため、2006年1月に行った手術は腫瘍のみ摘出するという軽い手術で済み、回復も早かった。その後2008年4月には、境界悪性卵巣腫瘍で左卵巣摘出術を受け、現在に至る。

支えとなったのは同病の仲間たち、家族、友人であった。また、ノートに気持ちを書き綴ることは、感情を解放するのに役立った。乳がんになって、人生について改めて考える機会が与えられ、心の底から感謝の気持ちを持てるようになった。これからも、ありのままの自分を大切に、先のわからないことを不安に思うより、今を楽しもうという姿勢で生きていきたいと思う。

「語ってくれてありがとう!」と思ったらこちらをクリック →

あなたのひと言をどうぞ → ひと言

インタビュー36:体験談一覧